アニメ映画『この世界の片隅に』は11月12日に全国公開を迎える。このたび、本作のポスタービジュアルが発表された。主人公・すずがたくさんの草花に囲まれた1枚に仕上がった。

『この世界の片隅に』のポスターには「昭和20年広島・呉 わたしはここで生きている」というキャッチコピーと、誰かに呼ばれたかのように小首を傾げて振り向くすずが描かれている。スケッチの途中で下駄を脱いで花を摘む姿と、たくさんの草花を照らす穏やかな日差しが、ゆっくりとした時の流れを感じさせる内容となった。主演にはアニメ声優初主演の女優・のんを起用。どこか懐かしい親しみを感じさせる声で、すずに生命を吹き込んだ。
片渕須直監督は今回のキャスティングについて「6年前『この世界の片隅に』をアニメーションにしようと思ってからずっと、すずさんの声を探していました。監督補の浦谷さんと互いに誰が良いかを考えていたところ、2人とも同じ声を思い描いていました」と語る。そして「ご縁に恵まれて、のんさんの声をマイクを通して聞いた時、何年も前から自分たちが想像してきた声が、すずさんとなって現れました。その時、のんさん以外のすずさんは考えられないと確信しました。すずさんに命を吹き込んでくれて感謝の気持ちでいっぱいです。この作品は本当に幸運に恵まれたと思います」を胸の内を明かした。

本作はこうの史代のマンガが原作だ。第二次世界大戦中の広島・呉を舞台に、大切なものを失いながらも前を向いて生きていく女性・すずの日々を描いた物語である。片渕監督は徹底的な時代考証を重ねて、6年の歳月をかけて本作を完成させた。また2015年にクラウドファンディングを実施し、3000万円以上の資金調達に成功したことも話題となった。

『この世界の片隅に』
11月12日テアトル新宿、ユーロスペースほか全国ロードショー
(c)こうの史代・双葉社/「この世界の片隅に」製作委員会