10月14日に全国ロードショーを控える映画『GANTZ:O』の完成披露上映会が、9月16日にお台場メディアージュで開かれた。本作は、奥浩哉による大ヒットSFアクションコミック『GANTZ』の中でも人気のエピソード「大阪編」をフル3DCGアニメーションで再現。死んだはずの人間たちと、謎の星人との壮絶な死闘を描く。

上映後に行われた舞台挨拶には、物語の中心となる加藤勝役の小野大輔、山咲杏役のM・A・Oが登壇。ケンドーコバヤシ(岡八郎役)、レイザーラモン HG(島木譲二役)、レイザーラモン RG(室谷信雄役)らキャスト陣に加え、主題歌を担当したドレスコーズの志磨遼平、さとうけいいち総監督、川村泰監督も登場して完成を迎えた胸中を語った。

ゲスト陣が呼び込まれると、まるでスクリーンからそのまま出てきたかのようなスーツをまとったHGの姿に会場が沸いた。名を呼ばれても中々姿を見せないRGは劇場の後方から悠然と登場。RGもガンツスーツを着ていると思いきや、実はボティペイントをしているだけのほぼ全裸状態で客席の笑いを誘った。その後も、HGが「『GANTZ』フォー!」とおなじみのネタを披露したり、RGの「あるあるネタ」が炸裂。会場は笑いの絶えない空間となった。

本作の感想を求められると「Xガンや転送装置など、近未来的なギミックが登場するのでCGとの相性が良いと思っていた。息づかいや表情といった人物描写がしっかりしていて、『CGでもここまでできるのか』とキャラの体温を感じた」と小野。続けてM・A・Oは「実写とアニメのいいとこ取りをしている。筋肉の動きが細かいところまで見えて、ロボや火花などの大胆さもあって素敵」とその出来映えを絶賛した。

ケンドーコバヤシは「小さい頃から遊んでた懐かしい場所がガンガン壊されていた。『あ、ここ陣内(智則)とヤンキーにしばかれた場所や』って(笑)」と舞台となる大阪のリアリティをジョーク交じりに表現。RGは本作への出演が特に嬉しかったようで、自身が担当した室谷の台詞を披露すると客席からは黄色い歓声が上がった。

その後の話題は制作側へ。テーマソングの着想については「原作の見開きページで描かれた、道頓堀から星人が出てくるシーンをイメージした。色んな擬音が登場していたので、それを再現していった」と志磨。川村監督は作曲についてほぼ細かいオーダーをしておらず、志磨の制作した曲を聴いて「この人は本当に『GANTZ』が好きなんだな、と思いました」と惜しみない賛辞を送った。

そんな川村監督は本作の見どころとして、キャラの魅力をイチオシ。映像制作についてはモーションキャプチャーを用いており、それにアフレコをするという特殊な方法をとったそうだ。声を吹き込んだ小野も「モーションキャプチャーを担当した役者さんの声や息づかいを聞きながら、自分も声を重ねていった。どちらかと言うと洋画の吹き替えのようであり、新しいジャンルを作ってしまったのではないか」とコメント。さとう総監督は「大阪が舞台ということで、こうして大阪で活躍する皆さんに出演してもらって作品に深みを持たせている。それを楽しんで欲しい」と芸人キャストの演技に太鼓判を押した。

最後の挨拶では、キャストを代表した小野が「『GANTZ』愛が込められた作品になっているので、皆さんも劇場で見届けて欲しい」とメッセージを送り舞台挨拶を締めくくった。

『GANTZ:O』2016年10月14日(金)ロードショー
(C)奥浩哉/集英社・「GANTZ:O」製作委員会