劇場版『遊☆戯☆王 THE DARK SIDE OF DIMENSIONS』の4DX・MX4D版が2016年9月24日から公開を迎える。本作は4月23日から上映されていたが、4D版に生まれ変わる。デュエルのモンスターたちの迫力あるバトルが展開されるとあって、ファンからの注目度も高い。
アニメ!アニメ!編集部では一足先に4DX、MX4Dを体験。前回掲載した4DXレポート(劇場版「遊☆戯☆王」4DXレポート 迫力あるデュエルを振動や煙でダイナミックに演出)に続き、MX4Dの様子をお伝えする。


※この記事には劇場版のネタバレが含まれています※


今回4DXに続きMX4Dを体験したが、4DXとはかなり演出が違うという印象を持った。4DXが煙や雨、雪など劇場全体を使ったダイナミックな演出で楽しめるのに対して、MX4Dはシーンの動きとシートが完全に連動し、振動や風など「そこまでやらなくても…!」と思うほどの細やかな演出が特徴的だった。
そもそもMX4Dというのは、アメリカのMediaMation社が開発した体験型の劇場上映システムの一つ。シーンに合わせて客席のシートが動き、香りや風、水しぶきはもちろん、首元や背中、足元などピンポイントに部位を狙った演出が特徴的だ。そのため自分がまるで画面の中にいるような臨場感を味わうことができた。

劇場版では、序盤に遊戯たちが学校へ登校するシーンが流れる。そこで城之内が自転車に乗っているシーン、帰宅中横に車が通りすぎるシーンなどがある。その細かな振動が、席を通して伝わってきた。ほんの少しの動きもシートが反応し、かなり臨場感がある。さらには背中をつつかれるような演出もあるので、驚くことも多い。首元や足下などに感触が来た時は、思わず声を上げてしまいそうになった。

4DXでも顔面に水がかかる演出があると前記事で言及したが、MX4Dではその回数が格段に多い。一回かと油断していたが、その後何度も水しぶきや風を顔に受けた。メガネをかけている人は特にハンカチを持っていた方がいいだろう。しかし、風の演出が頻繁にあるので、そのままにしておいても自然と乾燥はする。風は突破的なものだけでなく、緩やかに吹き続ける演出もある。キャラクターの髪がなびいているのを見ながら自分も風を受けるのは、なんともいえない嬉しさがあった。
他に印象的だったのは、ブラック・マジシャン・ガールが登場した時に良い香りがしたことだ。その香りのおかげなのか、可愛さがより倍増して見えた。

冒頭でも言った通り、全体を通して動きに臨場感があるので、キャラやモンスター、さらにはアイテムや床になった気分を味わえる。特にデュエル中の攻撃などの動きが事細かに振動などで伝わり、一緒に攻撃をしてダメージを受けているような気持ちだ。4DXと両方体験してみて、MX4Dはストロボなどが控えめでシートの演出が多いため、画面に意識を集中しやすいのが特徴だ。

3D、4D、VRと近年映像体験はさらなる進化を遂げているが、作中に登場する「ソリッドビジョンシステム」も夢ではない気がした。今回の劇場版『遊☆戯☆王』4Dでは、それぞれの良さを生かした体験ができるので、どちらもおススメしたい。

劇場版『遊☆戯☆王 THE DARK SIDE OF DIMENSIONS』
2016年9月24日(土)全国公開
(C)高橋和希 スタジオ・ダイス/2016 劇場版「遊☆戯☆王」製作委員会