劇場アニメ3部作の最終章『亜人 -衝戟-』は9月23日に全国公開を迎えた。シネマメディアージュでは初日舞台挨拶付上映会が開催され、永井圭役の宮野真守、佐藤役の大塚芳忠、田中功次役の平川大輔、総監督の瀬下寛之、監督の安藤裕章が登壇した。

主演を務めた宮野は「1作目から想いを込めて作ってきた『亜人』のクライマックスを迎えて、またこの場に佐藤役の大塚芳忠さんがいるという、歴史的瞬間に立ち会えて、緊張しつつも本当に嬉しいです。この瞬間を一秒一秒しっかり噛み締め、これからも『亜人』という作品を皆様に楽しんでいただきたいと思っています」と自らの想いを語った。
佐藤という役柄について大塚は「普段は穏やかなところが不気味で怖いです。これまでの役は典型的な悪役でしたが、佐藤は普通に出てくる普通のおじさんなのにとても悪い奴で、人間は二面性や三面性を持っていて僕自身の悪い部分が出てしまうんではないのかと怖かったです。キャリアの中でも最強の悪さでした」とコメント。数多くのキャラクターを演じてきた大塚にとっても印象深い役になったようだ。

また本作は原作とは異なるアニメオリジナルの展開が描かれている。平川は「本当に今日の初日を迎えられて嬉しく思います。魂を込めて演じた『亜人』のクライマックスを一人でも多くの人に届けたいと思っています。オリジナルのエンディングを何度でも見ていただきたいです」。安藤監督は「今回1部、2部と積み上げてきたものの第3部で、オリジナルの結末を迎える本作の集大成を皆さんにお見せすることが出来て本当に嬉しいです。本当にありがとうございます」とメッセージを寄せた。
最後は瀬下寛之総監督が「この作品には佐藤は一人の力では倒せないという気持ちを込めたのですが、今日クライマックスを迎えられて、かつ大塚さんとご一緒出来て、緊張していますがとても嬉しいです。この『亜人』を最後まで走り続けられたのは皆さんのおかげです。この『亜人』ワールドをこれからも楽しんでいただきたいです」と語り、舞台挨拶は大盛況のうちに幕を閉じた。

劇場アニメ3部作最終章『亜人 -衝戟-』
9月23日(金)より3週間完全限定公開中
配給: 東宝映像事業部

『亜人 -衝戟-』初日舞台挨拶付上映会
日時: 9月23日(金)
場所: シネマメディアージュ
登壇者: 宮野真守、大塚芳忠、平川大輔、瀬下寛之総監督、安藤裕章監督
司会: サンキュータツオ

(c)桜井画門・講談社/亜人管理委員会