2016年9月26日(月)、都内の虎ノ門ヒルズにて、「第29回東京国際映画祭 ラインナップ発表記者会見」が行われた。東京国際映画祭は、10月25日(火)〜11月3日(木)の10日間開催される、映画を愛し尊敬する人が映画を通して文化交流を図る場として設けられた映画の祭典。

東京国際映画祭ディレクター・ジェネラルの椎名保の挨拶のあと、まずは今年のオープニング作品『マダム・フローレンス! 夢見るふたり』、クロージング作品『聖の青春』の紹介がなされ、続いて「コンペティション部門」の紹介。コンペティション部門では98の国と地域から集まった1502本もの映画の中から、厳正な選考を経た16作品がグランプリを競う。その後も「アジアの未来部門」、「日本映画スプラッシュ部門」「Japan Now部門」、「ユース部門」など各部門の作品が次々と紹介された。
作品紹介のあとは、「コンペティション部門」の『アズミハルコは行方不明』から監督の松居大悟、主演の蒼井優、『雪女』から主演の青木祟高がゲストとして登壇した。それぞれ携わっている作品について、また、「コンペティション部門」に選ばれたことについて熱く語り、作品の魅力を伝えた。

そして今年の東京国際映画祭では、「時をかける少女」や「バケモノの子」などのアニメーション作品で映画界を牽引し続ける細田守監督の特集「細田守の世界」が組まれている。特集は、細田の初期の貴重な作品から最新作まで幅広く紹介するという、大規模な企画。壇上にはプログラミング・アドバイザーの氷川竜介が登壇し、この企画のラインナップを紹介した。
細田の作品は、日本の“今”起きていることを、アニメーションという形にして世界に発信しており、表現面でも斬新さ、新しさを切り開いている。これはアニメーションとしても映画のテーマとしても日本が誇るべきもので、挑戦をし続ける細田の歩みを映画祭として総括したい、と特集に細田守が選ばれた理由が述べられた。
細田が演出家になった、20年前の東映アニメーション時代に作られた初期の短編映画から遡ることで、細田の作家性の歩み、変化、普遍性を浮き彫りにしたい、と氷川は話す。解説のあとは細田も登場し、自身の作品について、思い出話や制作秘話などを感慨深そうに語っていた。また、アニメーションという技法を使って映画を作ることについて、もっと大きな可能性があるのでは、と考えチャレンジしてきたと話し、今後も可能性を追求していきたい、と意気込みを語った。

最後は質疑応答の時間が設けられ、改めて松井、蒼井、青木、細田が揃って登場し、記者からの質問に回答した。質問は次々に投げかけられ、あっという間に終了の時間に。惜しまれながら、本イベントは終了となった。