2016年秋の新作テレビアニメ『ALL OUT!!』は10月6日よりTOKYO MXほかにて放送がスタートする。それに先駆けて、9月25日にイベント「神高ラグビー部特別遠征 in シネマサンシャイン池袋〜先行上映会では、誰だって主役になれる〜」が行われた。
第1話の先行上映会には、祇園健次役の千葉翔也をはじめ、石清水澄明役の安達勇人、赤山濯也役の細谷佳正、八王子睦役の逢坂良太、江文優役の村田太志が登壇。さらにシークレットゲストとして御幸篤役の岡本信彦も参加し、会場は熱狂に包まれた。

声優陣は物語の舞台となる神高ラグビー部のユニフォーム姿で登場。主演を務める千葉は「アニメ化発表からここまで、長かったような、短かったような…ドキドキが止まらない!」と喜びと不安が入り混じった表情を浮かべる。
村田も「初めてのラグビーを題材したにテレビアニメということで“基準”の作品となると思いますし、責任もありますが、若手をキャスティングしていただき、みんなで並んで一緒の気持ちでぶつかっていく安心感がありました」と充実感をにじませながらアフレコを振り返った。

第1話上映後の第2部ではキャストのチームワークに触れる一幕が飛び出した。逢坂は「収録が進むにつれてチームの絆が深まっている」と語り、細谷も「収録後にみんなでご飯を食べに行くけど、そこで『もう少しこうしたら…』という話ができる」と何でも言い合える関係性を築けていると明かす。安達はそんな先輩たちを見て「素敵なアドバイスをいただいてます」と笑顔で頷いていた。
ここでシークレットゲストとして、岡本が客席から乱入。気になる今後について「御幸に関してもドラマ性があるのでお楽しみに!」とファンの期待を煽った。その後は「ALL OUT!!」と息継ぎせずに叫ぶチャレンジ企画へ突入。それぞれ個性的な絶叫を披露して、終了時には全員がラグビーの試合後のように汗だくとなっていた。
フィナーレでは千葉が「全力で頑張って、ラグビーの魅力を伝えていきたいと思います!」と熱い言葉で宣言。会場は期待を込めた熱い拍手がわき起こり、大盛況の内に幕を閉じた。

『ALL OUT!!』
10月6日(木)よりTOKYO MX、MBS、BS11ほかにて放送開始