1999年の『デジモンアドベンチャー』より続く『デジモン』シリーズ。その新作『デジモンユニバース アプリモンスターズ』が、10月1日より放送される。それに先立ち、9月26日に本作の第1話プレミアム先行上映会が行われ、小中学生と保護者らが会場の新宿バルト9に詰めかけた。

第1話の上映後、新海ハル役・内山夕実、ガッチモン役・菊池こころ、樫木亜衣役・渕上舞の3名が、キャラクターの影ナレと共に登場。内山の「みなさんこんにちは!」からトークショーがスタートした。

まず、演じるキャラクターについて聞かれた菊池が、主人公・ハルとのコンビについて「デコボココンビの相性がどんどん深まっていくところに注目してほしい」とコメント。ここで、スペシャルゲストの人気YouTuber・HIKAKINとSEIKINが現れた。子供たちに大人気の彼らだけに、一気に会場のボルテージが上昇。客席から身を乗り出したり、中には体を揺さぶって興奮する子供も。実は、公式チャンネル「SEIKIN TV」にて既に本作とコラボしていたという2人。「見た人は?」と問いかけると、大勢の子供たちが手を挙げた。

続いて、話題は本編に登場する「アフロヘアのおじさん」に。毎回登場する隠れキャラらしいが、第1話では一瞬しか現れず、見つけるのが困難だという。しかし、意外にも見つけた子供が多く、見つけられず悔しがるSEIKINには会場から笑いが起こった。さらに、HIKAKINとSEIKINの本作出演がサプライズ発表。どちらの演技が上手いかという話になり、急遽2人による「決め台詞対決」が行われた。それぞれガッチモンを演じると、SEIKINを内山が「歌舞伎の様で素敵だった」と評価。一方、HIKAKINに対しては渕上が「声がコミカルでアプモンっぽくてよかった」と笑いながらコメント。勝敗は観客に委ねられ、HIKAKINの勝利となった。

その後、OP担当の天月-あまつき-、ED担当の飯田里穂からのビデオメッセージが上映。飯田は「子供の頃夢中になっていたデジモンの新シリーズの楽曲を担当できて嬉しい」と喜びを語った。

最後に、菊池が「家に帰るまでが先行上映会です。寄り道しないで帰りましょう!」と締めるコメント。内山は「これからワクワクする様な話がたくさん続いていきます。応援よろしくお願いします」と呼びかけた。HIKAKIN・SEIKINのコンビと着ぐるみのガッチモンによるハイタッチで送られた子供たちは、笑顔で会場を後にした。

『デジモンユニバース アプリモンスターズ』
放送日時: テレビ東京系6局ネット
      10月1日(土)7時〜
      BSジャパン
      10月5日(水)17時〜

(C)本郷あきよし・アプモンプロジェクト・テレビ東京