9月27日発売の4コマ誌「コミックキューン」11月号にて、マンガ『にゃんこデイズ』のテレビアニメ化が発表された。それを記念して公式Twitterアカウントがオープン。誌面では表紙と巻頭カラーでアニメ化を告知している。

『にゃんこデイズ』は、たらばがにの4コママンガが原作である。「コミックアライブ」2014年10月号において、100号記念として誕生した雑誌内の4コマ誌「コミックキューン」で連載がスタート。2015年8月に独立創刊した後も連載を続けている人気作だ。
人見知りの女子高生・小長井友子と、彼女が飼っている3匹の猫、いたずら好きの「まー」、しっかりものの「ろー」、大人しくて泣き虫の「しー」の日常を描いている。猫は2頭身の猫耳少女として表現されており、キュートな描写が魅力的だ。

「月刊コミックキューン」11月号の表紙には主人公の友子と、猫がキッカケで友達になったお嬢様の白鳥あづみが登場。ポップなイラストで一際目をひくイラストに仕上がった。
今回明かされたのはアニメ化という情報のみで、メディアやキャスト・スタッフなどは発表されていない。「コミックキューン」連載作は本作以外にも『ひなこのーと』のアニメ化が発表されており、今後の最新情報にも注目したい。

「月刊コミックキューン」11月号では、人間の学校で暮らすUMAたちを描いた学園コメディ『おふれこタイムス』のドラマCD化も発表されている。こちらはメインキャストが決定済みで、八木みらい役に高森奈津美、尾根寿々子に稲川英里、湯沢夢実役に本多真梨子、中園ルビィ役にのぐちゆり、瑞城ありか役に松嵜麗、井上月下役に五十嵐裕美、室町紗白役に大空直美が起用された。発売日は11月2日を予定している。