10月19日、人気アニメ『アドベンチャー・タイム』の翻訳版コミックス第2巻がリリースされる。今回もアニメの世界観はそのままに、全編オールカラーで主人公のフィンクと犬のジェイクの冒険を描いている。

『アドベンチャー・タイム』第2巻はメインキャラクター・ジェイク(19)の名前にちなんだ記念日である10月19日に発売される。テーマはタイムスリップとなっており、発明好きのプリンセス・バブルガムがタイムマシーンを開発したことで騒動に巻き込まれていく。
コミックスではバブルガムが得意げにタイムマシーンを掲げる様子や、どんなものにも自由自在に変型するジェイクの姿が確認できた。今回も全編カラーで、カラフルな色使いが印象的な出来映えだ。フィンとジェイクの二人がコミックの世界を舞台に、ハチャメチャな冒険を繰り広げていく。
第1巻と同様に、原作はペンデルトン・ウォード、作画はライアン・ノース、シェリィ・パロライン、ブラデン・ラムが担当。翻訳は伊藤里香が務めている。B5判・128ページで、価格は1980円(税抜)となる。

本作はカートゥーンネットワークほかにて放送中のコメディアニメが原作である。日本では2012年からオンエア中で、2016年にはNHK BSプレミアムでの放送がスタート。少しシュールでコミカルなストーリーと、可愛らしいキャラクターたちが人気を博している。
『マインド・ゲーム』や『ピンポン THE ANIMATION』で知られる湯浅政明監督がシーズン6のエピソード「Food Chain」を手がけたことも話題になった。10月19日のジェイクの日にはカートゥーンネットワークで特別放送も予定している。

発売日: 2016年10月19日(水)
定価: 本体1980円(税別)
仕様: B5判/128P/オールカラー
発行: 株式会社KADOKAWA
編集企画: ニュータイプ編集部
TM & (C)Cartoon Network.(s16)