9月28日、ザ・リッツ・カールトン東京で「邦画企画製作・キャスト発表」会見が行われた。東宝とワーナー ブラザーズ ジャパンが初めて手を組んで企画を立ち上げるということで、発表と同時に大きく注目を集めていた。イベントにて、企画内容が『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない』の実写映画化であることが明かされた。

映画『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない』第一章は2017年夏に公開される。監督は『土竜の唄 潜入捜査官REIJI』や『テラフォーマーズ』を手がけた三池崇史。キャストには、主人公の東方仗助役を山崎賢人を演じる。広瀬康一役には神木隆之介、山岸由花子役に小松菜奈、虹村形兆役を岡田将生、虹村億泰役を真剣佑、片桐安十郎役を山田孝之、空条承太郎役は伊勢谷友介に決定。さらに東方朋子役を観月ありさ、東方良平役を國村隼が演じる。

『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない』は、荒木飛呂彦原作の『ジョジョの奇妙な冒険』の第4部。第3部「スターダストクルセイダース」から引き続き、「週刊少年ジャンプ」にて1992年から1995年まで3年に渡り連載された。2016年4月からはTVアニメシリーズが放送中だ。
物語は「スターダストクルセイダース」での主人公であった空条承太郎が、ジョセフ・ジョースターの隠し子である東方仗助探しにM県S市杜王町を訪れるところから始まる。スタンドを発動させる「弓と矢」を中心にまた新たな闘いが繰り広げられる。