9月29日、格闘マンガ『刃牙道』14巻オリジナルアニメDVD(OAD)付限定版の内容が「週刊少年チャンピオン」44号で発表された。シリーズの中でも人気の高い第2部『バキ』の「最凶死刑囚編」を映像化する。

12月6日発売の『刃牙道』14巻限定版にはシリーズ連載25周年を記念したOADが付属する。このたび、その内容が「最凶死刑囚編」であることが明らかになった。「刃牙」シリーズ第2部『バキ』の冒頭、5人の最凶死刑囚たちが敗北を求めて、刃牙たち闘技場戦士たちの下へと同時多発的に集ってくるシーンなどが初映像化される。
「週刊少年チャンピオン」44号では主人公・範馬刃牙に加えて、刑務所から脱獄したスペック、ドリアン、ヘクター・ドイル、シコルスキー、柳龍光の5人が描かれている。敗北を知るべく集まった死刑囚たちがどのようなバトルを繰り広げるのだろうか。
そのほかDVDには、原作者・板垣恵介が25周年を迎えたシリーズについて語るスペシャルコメント映像や、名シーンの原作イラストにアニメーションを付けた記念映像などを収録。アニメ以外の特典も盛り込まれ、アニバーサリーイヤーに相応しいファン必携のアイテムになるだろう。

「刃牙」シリーズは板垣恵介が「週刊少年チャンピオン」にて連載中の格闘マンガである。1991年に第1部『グラップラー刃牙』の連載がスタート。その後、第2部『バキ BAKI』、第3部『範馬刃牙』と続き、現在は第4部『刃牙道』に突入している。シリーズ累計発行部数は6300万部を超える大ヒット作だ。12月6日には『刃牙道』14巻OAD付限定版がリリース。予約申込締切は10月6日で、価格は3880円(税抜)を予定している。

「刃牙道」14巻OAD付限定版
発売: 2016年12月6日
予約締切: 2016年10月6日
価格: 3880円(税抜)