2017年10月29日よりいよいよ公開される映画『デスノート Light up the NEW world』。いよいよ公開が間近になった本作だが、動画配信サービス「Hulu」にてスピンオフドラマ『デスノート NEW GENERATION』が配信されている。
全3話のうちの第2話<竜崎篇・遺志>がいよいよ配信された。そこに原作ではお馴染みのキャラクター、ニアが登場することが発表され、声優の阪口大助が演じることがあわせて公開された。

『デスノート Light up the NEW world』は原作・大場つぐみ、作画・小畑健により「週刊少年ジャンプ」で読み切りが掲載され、同年12月から2006年5月まで連載された伝説的コミックを原作としている。2006年に公開された実写映画『DEATH NOTE』、『DEATH NOTE the Last name』、2008年に公開されたスピンオフ作『L change the WorLd』を合わせたシリーズ三作の日本国内興行収入は112億円に達し、その他にもアニメ、小説、舞台と世界中でメディアミックスを展開する作品だ。
今回、伝説となった映画『デスノート』誕生から10年目となる2016年、“正統な続編”として完全新作映画として本作が待望の公開を迎える。

<竜崎篇・遺志>は池松壮亮が演じる、Lの遺伝子を受け継ぐ世界的名探偵・竜崎が、日本での密室事件を捜査するうちに、デスノート事件への参加を決意するまでを描く。なぜデスノート事件への参加を決めたのか?Lとの約束の謎に迫る、本格推理サスペンスストーリーだ。
そして本作には原作の中でもLの後継者であり、人気キャラクターであるニアの登場がアナウンスされた。演じるのは声優の阪口大助だと発表された。しかし、ニアがどのように登場し、阪口がどのように演じるか詳細はまだ明らかにされていない。果たしてニアは竜崎にどんな影響を与えるのか、気になるところだ。

9月30日0時からは最終話<紫苑篇・狂信>が配信開始される。10月に公開される本編を前に『デスノート NEW GENERATION』全3話もチェックしておきたいところだ。

『デスノート NEW GENARATION』
(C) 大場つぐみ・小畑健/集英社
(C) 2016「DEATH NOTE」HOD PARTNERS

『デスノート Light up the NEW world』
(C) 大場つぐみ・小畑健/集英社
(C) 2016「DEATH NOTE」FILM PARTNERS