2013年4月から9月まで放送され、多彩で個性的なキャラクターとドラマ、ハイクオリティなロボットバトル描写で人気を博したオリジナルアニメ『銀河機攻隊マジェスティックプリンス』。2016年11月4日に公開される本作の劇場版の最新キービジュアルとPVが公開された。さらに一般募集を行っていたサブタイトルも明かされている。
サブタイトルは一般募集した2000通以上のタイトルから「覚醒の遺伝子」に決定。PVは「決戦の代償」、「終わっていなかった戦い」、「地球に迫る、最強の敵」という意味深なモノローグから始まり、「生きて、還るんだ」という言葉から怒涛の映像がスタートする。

『銀河機攻隊マジェスティックプリンス』は緻密なSFの世界設定、時にノスタルジーすら感じさせる笑顔と涙のドラマ、CGプロダクションのオレンジによる圧倒的なハイクオリティロボットバトルの描写が絡み合い、ロボットアニメファンの支持を集めた。
劇場版で描かれる物語は、TVアニメ最終第24話の直後。ウルガルの地球侵攻の拠点を叩いたものの、レッドファイブのパイロットであるイズルは重傷を負い昏睡状態に。そんな中、ウルガルの皇族と思われる謎の機体に率いられた残存兵力が地球に再度侵攻を開始するという緊迫した展開となっている。


イズルが目覚めぬまま、アサギらチームラビッツはそれぞれ心を新たに、戦いへと出撃していく。「覚醒の遺伝子」が意味するものとは…。キービジュアルには、イズルの想いを背負って戦いに挑むアサギの姿、そして新たな“アッシュ”の姿も。そして予告編では、CGスタジオのオレンジによる、TVアニメシリーズよりもさらにパワーアップしたハイクオリティなロボットアクションが展開される。
そしてこちらも音源初公開となった昆夏美が歌う主題歌「消えない宙(そら)」に乗せて映像が展開される。果たしてイズルは目覚めるのか。そしてチームラビッツの戦いの行方はどうなるのか。11月4日から2週間限定で上映される本作はロボットファン必見の一作となっている。

『劇場版マジェスティックプリンス 覚醒の遺伝子』
2016年11月4日(金)公開<2週間限定上映>
(C) 2016 創通・フィールズ/MJP製作委員会