江戸川乱歩の「少年探偵団」シリーズをリメイクしたテレビアニメ『超・少年探偵団NEO』の放送が決定した。2017年1月よりTOKYO MXにて放送開始となる。「鷹の爪」シリーズのアニメ制作会社・DLEがポプラ社とコラボし、完全オリジナルストーリーでショートアニメ化される。

「少年探偵団」シリーズは江戸川乱歩の作品に登場する小林少年を中心とした探偵団である。名探偵・明智小五郎を補佐し、数々の怪事件を解決してきたことで知られている。1964年からポプラ社より単行本課され、シリーズ累計1660万部の大ベストセラー作品となった。
2016年2月にはポプラ社とDLEが「超・少年探偵団NEO Project」を発表。舞台に現代に移し、2017年からドラマ、イベント、書籍などの展開を予定している。プロジェクトの象徴となる新・怪人二十面相のキャラクターデザインは「ファイナルファンタジー」や「タイムボカン」シリーズなどを手がけた天野喜孝が担当。その全貌は後日公開される。

今回発表された新作アニメ『超・少年探偵団NEO』はプロジェクトの第1弾となる。物語の舞台はさらに100年後の2117年に設定され、明智小五郎と怪人二十面相の戦いが7代にわたって続いているユニークな世界観を取り入れた。監督は『おにくだいすき!ゼウシくん』でシュールなギャグを披露した大宮一仁が務める。
キャストは7代目 小林少年役に木村良平、7代目 明智小五郎役に細谷佳正、7代目 怪人二十面相役に江口拓也、花崎マユミ役に上坂すみれと人気声優陣を起用。主演の木村は「企画の詳細が分からないまま1話のVコンテを観たんですが、これは面白い!と確信しました。80年もの歴史ある作品の新たな挑戦。気合が入ります!」とコメントを発表している。

『超・少年探偵団NEO』
2017年1月よりTOKYO MXにて放送開始

[スタッフ]
原案:江戸川乱歩「少年探偵」シリーズ
監督・シリーズ構成: 大宮一仁
新・怪人二十面相キャラクターデザイン: 天野喜孝
アニメーション制作: ディー・エル・イー
製作: ポプラ社/ディー・エル・イー
(c)2016Poplar/DLE