9月30日、フルCGアニメーション『ROBBER'S COMPANY』第2話の配信がスタートした。DoGA主催「第27回CGアニメコンテスト」で入選した話題作の続きが公開された。

『ROBBER'S COMPANY』は高尾圭監督が設立したアニメスタジオ・STUDIO UGOKIのフルCGアニメだ。キュートでポップなキャラクターデザインや、カラフルな色使いなど、様々な魅力が詰め込まれた一作となっている。
主人公のファニーはデザイナーを目指しているがいつも失敗してばかり。フリーマーケットで自作の服がまったく売れなかった彼女は、洋服店に就職したものの、実は泥棒の会社だったことが判明する。会社は泥棒業務に適したスーツを開発して勢力を広げていたのだ。果たしてファニーはデザイナーの夢を叶えることができるのだろうか。

本作は「第27回CGアニメコンテスト」に第1話を応募し、入選を果たしている。だが1話は洋服店に就職するところで終わっていたため、作品自体は評価されたものの「ストーリーが完結してない」という非難の声もあったそうだ。主催者からは「審査員をかなり怒らせた作品。絶賛して賞をあげたいという声と、選外という声と2つに分かれた」とのコメントが発表されている。
また「京都国際マンガ・アニメフェア 2016」の上映会場でも、観客から「続きが気になる」と反響を得たそうだ。そんな話題作の第2話がいよいよ公開されることになった。シリーズは全6話を予定しており、今後の展開も注目を集めるだろう。

STUDIO UGOKIは自主制作アニメーション『ロクの世界』の制作を期に、2013年から活動中のアニメスタジオである。監督の高尾圭を中心に、様々なクリエイターと制作を続けている。