10月1日より放送がスタートしたテレビアニメ『ViVid Strike!』内のTVCMにて、都築真紀が原作・脚本を手掛ける『魔法少女リリカルなのは』の劇場版最新作『魔法少女リリカルなのは Reflection』が発表された。公開は2017年夏を予定している。

『魔法少女リリカルなのは』は2004年にアニメ第1作目が放送されて以降、10年以上に渡り多くのファンから愛されている人気シリーズ。それまでの魔法少女を題材とした作品では見られなかったバトルアクションを積極的に取り入れ、さらに少女間の友情も物語の中で描いている。これまでにテレビアニメは関連作を含め3作品が放送。『ViVid Strike!』もそのひとつに入る。
劇場版は2010年1月に第1作目『魔法少女リリカルなのは The MOVIE 1st』が公開された。こちらはテレビアニメ第1期をベースにしている。続く『魔法少女リリカルなのは The MOVIE 2nd A’s』はテレビアニメ第2期を元に制作され、2012年7月に公開された。

そして今回の『魔法少女リリカルなのは The MOVIE 3rd Reflection』は、待望の完全新作ストーリーが描かれる。ストーリーの内容は明かされていないものの、公開されたCM映像には「物語は、再び動き出す」という一文も。映像の中にもヒントが隠されているかもしれない。

劇場版としては『魔法少女リリカルなのは The MOVIE 2nd A’s』以来、約5年ぶりの新作となる『魔法少女リリカルなのは Reflection』。劇場版ではなのは達が新たにどのような姿を見せてくれるのか、そしてどんなストーリーになるのか、期待して待ちたい。もちろんテレビアニメとして展開される『ViVid Strike!』にも引き続き注目だ。