2015年10月から2016年3月まで日本テレビほかにて放送された新TVシリーズ『ルパン三世』の原画集、「ルパン三世 PART IV 原画集」の発売が決定した。10月3日(月)より一般書店の店頭に並ぶほか、同社公式通販サイト「トムスショップ」で10月7日(金)より取り扱いが開始される。

『ルパン三世』は、モンキー・パンチの同名アクションマンガを原作としたアニメ。今回原画集が発売される『PART IV』は、ルパン三世を主役とした作品では30年ぶりのTVアニメシリーズとして放送された。
2011年からの新キャストである峰不二子役の沢城みゆき、石川五ェ門役の浪川大輔、銭形警部役の山寺宏一、そして1995年よりルパンを演じている栗田貫一らにとって初のTVシリーズ出演となったほか、35年ぶりにOPテーマとして大野雄二再編曲の「ルパン三世のテーマ」を使用。作品の舞台となったイタリア・サンマリノをイメージしてルパンのジャケットを青色にするなど、新旧のファン心理をくすぐり人気を博した。また、イタリアでの先行放送後に日本で放送されるという構成も話題となった。

今回発売される「ルパン三世 PART IV 原画集」は、アニメを制作したテレコム・アニメーションフィルムの全面協力のもと、各話から厳選した全382カットを収録。総監督の友永和秀ほか、キャラクターデザイン・横堀久雄、プロデューサー・浄園祐らのコメントを掲載し、制作当時を振り返っている。
また、表紙にはキャラクターデザインの横堀久雄による描き下ろしイラストを採用。『PART IV』の世界観を1枚の絵で表現している。A4ヨコ版の判型のため、実際の原画に限りなく近いサイズとなっているだけに、作品の魅力を余すところなく再現しているといえそうだ。

『PART IV』をひとまとめにした今回の原画集。新時代のTVアニメシリーズを総括した書籍として、ぜひ『ルパン』コレクションに加えておきたいアイテムだ。

「ルパン三世 PART IV 原画集」
価格: 4,320円(税込)
発売日: 2016年10月3日(月)

原作:モンキー・パンチ (C)TMS