『アナと雪の女王』で社会現象を巻き起こし、『ズートピア』の大ヒットも記憶に新しいディズニー・アニメーション。その最新作となる『モアナと伝説の海』が、2017年3月10日に公開される。そしてこのたび、本作の日本版ポスタービジュアルがお披露目となった。“海に選ばれた少女モアナ”を象徴するようなデザインに仕上がっている。

本作のヒロイン・モアナは、好奇心に溢れ海を愛する16歳の少女。幼い頃の“ある出会い”から海に選ばれた彼女が、運命に導かれるように“禁じられた”海へ旅立ち、“心”を失ってしまった世界を救う大冒険に挑むというストーリーが描かれる。実写を超えた南の島や美しい空、そして海のリアルな描写と、壮大なスケールの物語に期待がかかる作品だ。

今回披露された日本版ポスターには、“海に選ばれたモアナ”を中心に、まるで生きているかのように彼女を囲む、壮大な海と生き物たちが描かれている。モアナを守っているようにも、何かを語りかけているようにも見える“海”が意味深なデザインだ。そして、モアナの両手の中でエメラルドグリーンに光輝く石「テ・フィティの心」が、作品の重要なカギを握っているという。

本作の監督を務めるのは、ロン・クレメンツとジョン・マスカーの2人。『リトル・マーメイド』のアリエルや『アラジン』のジャスミンといった、伝説的なヒロインたちを送り出してきたゴールデンコンビだ。ロンは「海の中で暮らすアリエルは、陸で暮らすことを夢見て、島で暮らすモアナは大海に出ることを夢見ている。アリエルから一周回ってモアナに帰ってきたね(笑)」と、新たなヒロインについてコメント。一方のジョンは未だ明かされていないモアナの歌声について「とても素晴らしいですよ!」と自信を覗かせつつ、「世界中の言語で、どんな声が起用されるのかワクワクしています」と期待を寄せた。

日本語版でのモアナ役、そして『アナと雪の女王』での「Let It Go」の25か国語版のような展開にも、期待が集まりそうだ。

『モアナと伝説の海』(原題:Moana)
2017年3月10日(金)、全国ロードショー
監督: ロン・クレメンツ&ジョン・マスカー
製作: オスナット・シュラー
製作総指揮: ジョン・ラセター
配給: ウォルト・ディズニー・ジャパン
(C)2016 Disney. All Rights Reserved.