10月14日から公開が始まるフル3DCGアニメ『GANTZ:O』とYAMAHAとのコラボレーションが実現。YAMAHAが販売するバイクモデル「TRICITY(トリシティ)125」を元にしたオリジナル・コラボレーションバイクが制作された。

コラボバイクは『GANTZ:O』に登場するガンツバイクをイメージさせるビジュアルで、現在は公開劇場のひとつである横浜ブルクのロビーにて展示中。さらに10月11日からはミント神戸でも展示される予定だ。

このコラボレーションを記念したポスターも公開された。ポスターにはTRICITY125の後ろにヘルメットを手にした主人公・加藤勝と、ヒロインの山咲杏が並んで立っている。
さらにその後ろには巨大なガンツロボのシルエットも確認できる。本編のワンシーンを切り抜いたような仕上がりは、ファンならずとも目を引くインパクトを持っている。

公式サイトではプレゼントキャンペーンも実施中だ。このキャンペーンは用意されたクイズに答えた人の中から、抽選で1名にトリシティ125をプレゼントするというもの。
クイズは「10月14日から公開される人気コミック原作の映画は『GANTZ:○』」の○に入る文字を入れるという内容だ。決して難しい内容ではないので、興味のある人は応募してみるといいだろう。
なお本キャンペーンの受付期間は、映画の公開前日である10月13日から11月30日まで。

『GANTZ:O』は映画の公開に向けて、大阪府警察やスマートフォンアプリ『LINE ゲットリッチ』、カラオケDAMなどさまざまな場面でコラボレーションを行っている。今後もますます『GANTZ:O』の名前を目にする機会が増えてきそうだ。

『GANTZ:O』
(C)奥浩哉/集英社・「GANTZ:O」製作委員会