アニメ!アニメ!2016年秋アニメ特別企画!編集部やライターが1話を見た感想をストレートに約140文字で語ります。今回は10月5日深夜より放送の『ユーリ!!! on ICE』です。

『モテキ』や『アゲイン!!』で知られる久保ミツロウが原案。主人公・勝生勇利の人物像にその特徴が表れている。彼が憧れの存在・ヴィクトルの演技をトレースする場面の作画は見事の一言。久保曰く、「とにかく色気がすごい」と言われてきた本作だが、女性人気はもちろん、スポーツドラマとしても期待大。
<キャプテン住谷>

OPがシックで素敵。その流れで、シリアス路線の本格スケート・アニメかと思ったのだけれど、予想以上にギャグ要素の方が多めだった。でも、なめらかで優美なスケーティング・シーンは必見。なにより四回転を次々に跳ぶヴィクトルさんが美し過ぎる。そして…初回からイケメンご馳走様でしたっ!
<雅や>

想像と違ってコミカルなシーンも多く、1話からスケート要素だけでなくストーリーでも魅せてくれた。スケートのような平面で動きながら滑る絵作りがいかに大変かが見ているだけで分かる。久保ミツロウさんらしいキャラ作りも垣間見えて、他のキャラもどう描かれるのか気になるところ。「3.3.7ビョーシ!!」もぜひアニメ化してください。
<タカロク>


【物語】
グランプリファイナルで惨敗し、九州の実家に帰っていたフィギュアスケーターの勝生勇利。引きこもりとなった彼の元に、突然世界選手権5連覇のヴィクトル・ニキフォロフが突然やってきた。

【スタッフ】
原案: 久保ミツロウ×山本沙代
監督・シリーズ構成: 山本沙代
ネーム(脚本原案)・キャラクター原案: 久保ミツロウ
キャラクターデザイン: 平松禎史
音楽: 梅林太郎 松司馬拓
音楽プロデューサー: 冨永恵介(PIANO)
フィギュアスケート振付: 宮本賢二
アニメーション制作: MAPPA

【キャスト】
勝生勇利: 豊永利行
ヴィクトル・ニキフォロフ: 諏訪部順一
ユーリ・プリセツキー: 内山昂輝
イ・スンギル: 野島健児
エミル・ネコラ: 日野 聡
オタベック・アルティン: 細谷佳正
ギオルギー・ポポーヴィッチ: 羽多野 渉
クリストフ・ジャコメッティ: 安元洋貴
ジ・グァンホン: 本城雄太郎
ジャン・ジャック・ルロワ: 宮野真守
ピチット・チュラノン: 小野賢章
ミケーレ・クリスピーノ: 前野智昭
南 健次郎: 村瀬 歩
レオ・デ・ラ・イグレシア: 土岐隼一
西郡 豪: 福山 潤