リアル脱出ゲーム最新作「君は明日と消えていった」は10月7日から2017年2月4日にかけて、道玄坂ヒミツキチラボにて開催される。公式サイトではゲーム中に登場するオリジナルアニメーションを用いたCMを配信中だ。

リアル脱出ゲーム「君は明日と消えていった」は参加者が17歳の高校2年生になって、亡くなった幼馴染の女の子から送られてきた手紙の謎を解く体験型エンターテイメントである。ゲーム内で流れるアニメ映像では、主人公役に「弱虫ペダル」シリーズの山下大輝、幼馴染の桜川みずき役には『魔法つかいプリキュア!』の早見沙織を起用。数々の作品でメインキャラクターを務めてきた人気声優陣がゲーム世界に息を吹き込んでいる。
アニメーション制作は2017年に創立25周年を迎えるGONZOが担当。リアル脱出ゲームの映像をアニメ制作会社が手がけるのは今回が初めてとなる。『青の6号』や「LAST EXILE」シリーズなどを手がけてきた人気スタジオがゲームを盛り上げていく。


映像は「これは、あなたが17歳の少年になって、実際に体験する物語」という字幕からスタート。後半では主題歌「パッチワーク」も流れ、ゲームへの期待を膨らませる仕上がりとなった。
キャラクターデザイン・イラストレーションはpixivで人気のイラストレーター・飴村が担当。デザインは名和田耕平デザイン事務所が務めている。

「君は明日と消えていった」は10月7日から17日2月4日まで連日開催。前売チケットはイープラス、チケットぴあ、ローソンチケットにて取り扱っている。価格は前売が一般3000円、学生2500円、当日は一律3500円だ。
また1人から4人までの好きな人数で1チームを貸し切って参加できるグループチケットも販売中。前売のみで11600円となっている。

リアル脱出ゲーム「君は明日と消えていった」
開催: 2016年10月7日〜2017年2月4日
会場: 道玄坂ヒミツキチラボ
(c)SCRAP