新たな仮面ライダーの「始まり」と活躍した仮面ライダーの「終わり」が融合するという刺激的展開で始まり、7年続いてきた『仮面ライダー×仮面ライダー MOVIE大戦』シリーズ。2016年、『仮面ライダー平成ジェネレーションズ』としてタイトルを一新することが発表された。
そして衝撃的なスタートを切った仮面ライダーエグゼイド、そして大団円を迎えた仮面ライダーゴーストのみならず、仮面ライダーウィザード、仮面ライダー鎧武、仮面ライダードライブも参戦する『仮面ライダー平成ジェネレーションズ Dr.パックマン対エグ ゼイド&ゴースト with レジェンドライダー』の最新情報が公開された。

『仮面ライダーゴースト』は主人公が第1話で死んでしまうという驚愕の展開でスタートし、話題を呼んだ。そして劇場版の『ゴースト』、そして最終話には仮面ライダーエグゼイドが登場。劇場に先駆けて2大ライダーは共演を果たしている。
そして衝撃のスタートを切った『エグゼイド』。今回、ドクターであり、1流のゲーマーという異色の経歴を持つ主人公が話題を呼んでおり、はやくも注目を集めている。

物語は、『仮面ライダーエグゼイド』の世界が舞台。正体不明のゲームウイルス生命体「パックマン」襲来によって、未曾有の危機に陥った人類。恐ろしい勢いで感染が拡大する中、天空寺タケル=仮面ライダーゴーストがウイルスに感染し、変身する能力を失ってしまう。仮面ライダーエグゼイド=宝生永夢は、敵の正体とその感染源を突き止めるが、それは自身の運命をも左右する、ある「重大な真実」へと繋がっているという展開だ。
この未曾有の危機にレジェンドである3人のライダーも参戦し、シリーズに一新に相応しい豪華な顔ぶれとなっている。注目すべき点は3人のライダーがどのように登場するかだ。ウィザードは旅に出ており、鎧武は地球から去り、ドライブの変身アイテムであるベルトさんは自ら封印された。それぞれ一筋縄では登場できない理由をいかにしてクリアして我々の前に姿を現してくれるか、期待は募るばかりだ。



「手のひらヒーローシリーズ ジャンピングライダー」のゴーストverかエグゼイドverがプレゼントとして付いてくる前売券が全国合計各5万個限定で10月29日に発売開始されるので、こちらも要チェックだ。

『仮面ライダー平成ジェネレーションズ Dr.パックマン対エグゼイド&ゴースト with レジェンドライダー』
2016年12月10日(土) ROADSHOW

「エグゼイド&ゴースト」製作委員会 (C) 石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映