青ニプロダクション所属の声優によるラジオドラマ番組『青山二丁目劇場』。10月17日に放送するドラマ「ラストシーン」は、主人公の映画女優の役を増山江威子が演じる他、草尾毅、桑島法子、石塚運昇、田中秀幸、古川登志夫ら豪華声優陣が出演する。

『青山二丁目劇場』は、2006年にスタートした番組。文化放送で毎週月曜の20時30分から放送されている。古川登志夫がパーソナリティとなり、古典やオリジナル、連続物や1話完結など、様々なラジオドラマをリスナーに届けている。「ラストシーン」は、これまでも当番組にて人気作品を手がけてきた脚本家・花村宗冶による書き下ろしだ。

今回のラジオドラマの収録を終え、出演者は次のようにコメントを寄せている。
増山江威子「今まで声優をやってきて、『好きなものは?』と聞かれると、『ラジオドラマ』って答えるぐらいラジオドラマが好きなんです。アニメは絵があってのお芝居なんです。ラジオドラマは声だけで表現するので、また違う緊張感があります。久し振りにラジオドラマが出来てとっても幸せでした」
草尾毅「今回の作品の中でチャップリンのサイレント映画が想像力をかきたてるって言うセリフもありましたけれど、まさにこのラジオドラマも、視覚じゃない刺激が感性に訴えかけると思います。声優の仕事の醍醐味がすべて凝縮されているのが、ラジオドラマじゃないかって思います。脚本も、演じる僕らの想像力をすごく刺激してくれたので、演じる前から楽しみでしたし、演じた後にも「ああ、あの場面こう演じればよかった」みたいな色々な思いが残って、またこういう作品をやりたいです。すごく楽しくて、やり甲斐のある現場でしたので、ぜひオンエアを楽しみに聴いていただきたいです」
田中秀幸「花村さんの脚本は数か月前にも素敵なお話をやらせていただきましたが、今回の「ラストシーン」というお話もとても素敵で、そして何より増山江威子さんとご一緒させていただいて、本当に楽しい一日でした」
古川登志夫「この番組では普段、番組ナビゲーター的な立ち位置で出演させていただいているのですが、今回ドラマの本編に出られてとても嬉しかったですし、このキャスティングってプロデューサーさんの意気込みを感じるすごいキャスティングで、皆さんとご一緒で来て嬉しかったです」
桑島法子「デビューしたばかりの頃にラジオドラマの現場に入れていただくことが多くて、最近とても少なくなってしまったので、こういう現場がずっとあるというのはすごいことだなと思います。今日も大先輩の皆さんの中に入れていただけて非常に光栄な一日になりました」
石塚運昇「演じてみて、(役柄として)本当は医者なんだけど急遽付き人を振られちゃっておどおどしつつも、主人公の体を第一に考えながら対応しようという心情など、声だけで演じるのにちょっとだけ難しい役どころでした」

不二子ちゃんや桜木花道、ピッコロなど、数々のキー・キャラクターをこなしてきたベテラン勢の、さすがの演技が期待できそうだ。

『青山二丁目劇場』
【番組概要】
■放送日:毎週月曜 20:30〜21:00  
【パーソナリティー】
古川登志夫(劇場支配人)
青二プロダクション所属の声優(ドラマ)
■10月17日(月)オンエア作品:オリジナルドラマ 「ラストシーン」
■出演: 増山江威子、草尾毅、桑島法子、石塚運昇、田中秀幸、古川登志夫 ※10月17日(月)放送

(C) 2005,Nippon Cultural Broadcasting Inc. All right reserved.