2016年4月から6月まで放送され、その重厚なストーリー展開とハイクオリティなアニメーションから絶賛を受けた『甲鉄城のカバネリ』。
本作が10月9日徳島市マチ★アソビ vol.17 にて開催されたニュータイプアニメアワード授賞式「The Moviing Picture Festival 2016」において作品賞、サウンド賞、キャラクターデザイン賞、脚本賞、スタジオ賞 部門で1位、他部門 5 部門でも入賞を果たすという快挙を達成した。

『甲鉄城のカバネリ』は『進撃の巨人』などの荒木哲郎が監督、『コードギアス 反逆のルルーシュ』などの大河内一楼が脚本、『超時空要塞マクロス』などの美樹本晴彦がキャラクター原案を務めるなど、豪華なスタッフで制作された。
物語は蒸気機関が発達した極東の島国・日ノ本(ひのもと)を舞台に、装甲蒸気機関車・甲鉄城に乗る人々と、不死の怪物・カバネとの戦いを描いたロードムービー。スチームパンクやゾンビなどの要素が詰め込まれ、その斬新ながら王道な展開が熱烈な支持を受けた。

今回その評価がニュータイプアニメアワード5冠達成という目に見える形で現れた結果となった。選出方法は、2015 年10月〜2016 年9月までに放送されたアニメ番組、劇場上映作品の中から、ニュータイプ読者から寄せられた1年間のアンケートと、2016 年 8 月10日〜9 月14日の期間、Web Newtype にて一般より募集、集計されている。授与式当日には、本作のシリーズ構成を担当した大河内一楼が登壇、劇場上映部門の作品賞1位を受賞した『君の名は』の新海誠監督も登壇し、互いの喜びをわかちあった。『甲鉄城のカバネリ』は総集編が2016年12月31日より前編、2017年1月7日より後編が劇場公開される予定で、まだまだその人気の勢いが衰えることはなさそうだ。

『甲鉄城のカバネリ』総集編
前編 2016年12月31日(土)より2週間限定全国ロードショー
後編 2017 年1月7日(土)より2 週間限定全国ロードショー
配給: 松竹メディア事業部

(C) カバネリ製作委員会