2011年〜2014年まで集英社「マーガレット」で連載され、コミックス累計発行部数は200万部を突破した人気作品『ひるなかの流星』。連載中から映像化を待望視されていた本作だが、いよいよ実写映画化されることが発表された。
ヒロインの与謝野すずめは永野芽郁。すずめが恋に落ちる担任教師・獅子尾五月役には三浦翔平、そして徐々に彼女に惹かれていく‘女子が大の苦手’なクラスメイト・馬村大輝役に白 濱亜嵐に決定した。

『ひるなかの流星』は田舎でのんびりと暮らす高校1年生の与謝野すずめは、両親の海外転勤を機に、東京に住む叔父に預けられるところから始まる。転校先の高校で担任教師のイケメン・獅子尾と“女子が大の苦手”で一見無 愛想なクラスメイト・馬村と出会う。
困った時にいつも助けてくれるヒーローのような獅子尾に、すずめは生まれて初めて恋をする。獅子尾も、すずめの真っ直ぐで純真な様子に惹かれていくが、「教師」という立場から自分に素直になること ができないでいた。一方馬村も最初は鬱陶しく感じるが、いつも明るく分けへだてなく接してくれるす ずめに、獅子尾のことが好きだと知りつつ惹かれていくことから物語は展開していく。

与謝野すずめ役の永野芽郁は今春より「カルビスウォーター」のCMの新キャラクターに抜擢され、その後も雑誌「Seventeen」専属モデル、NHK大河ドラマ『真田丸』出演ほか、次世代女優の筆頭として現在大ブレイクを果たしている。今回満を持しての映画初出演を飾る。三浦翔平はドラマ『好きな人がいること』や『カノジョは嘘を愛し過ぎている』などの熱演が記憶に新しい。そして馬村大輝役のる白濱亜嵐は「GENERATIONS from EXILE TRIBE」のリーダーを務め、今回の映画出演に注目が集まる。
監督を務めるのは、『四月は君の嘘』や『僕の初恋 をキミに捧ぐ』など数多くの青春恋愛映画を手掛けてきた新城毅彦。フジテレビ月9ドラマ『リッチマン・プアウーマン』や『失恋ショコラティエ』を手掛けた脚本家・安達奈緒子とスタッフも豪華なメンバーが揃っている。

「共感度200%」の胸キュン三角関係が織りなす、新たなラブストーリーの公開は2017年3月24日からとなっている。

『ひるなかの流星』
2017年 3月24日公開
(C) 2017 映画「ひるなかの流星」製作委員会
(C) やまもり三香/集英社