NHKスペシャルにてスタジオジブリの宮崎駿の特集が組まれる。2016年11月13日の21時より「終わらない人 宮崎駿」(仮)と題し、2年にも渡る独占取材の模様が放送される。

NHKスペシャルは、1989年から放送されているNHKの特集番組である。政治や自然、芸術、スポーツなど取り上げるジャンルは様々。その年にあった国内外の事件や事故、災害や現象に切り込み、つねに時代を追い続けている。
今回放送が決定したのは、数々の名作アニメを手がけてきた宮崎駿の特集。宮崎はスタジオジブリで『天空の城ラピュタ』や『となりのトトロ』手がけ、2001年に『千と千尋の神隠し』が第75回アカデミー賞でアカデミー長編アニメ映画賞を受賞している。2013年に公開された『風立ちぬ』を最後に、長編映画からの引退宣言を行って3年の月日が経過した。

長編映画から引退した宮崎は、若きCGアニメーターと出会い、初めてCGを本格的に使った短編アニメを制作している。NHKスペシャルでは、その短編CGアニメ「毛虫のボロ」の制作舞台裏を2年にわたって取材。新たな表現への挑戦は難航し、中止の危機に直面にする場面も。番組では、巨匠の映画作りへの思いや苦悩をそのまま映し出す。

日本のアニメ映画は、2016年に入り『君の名は。』をはじめ、次々と大ヒットを記録し好調な様子を見せている。しかし国際的には、ピクサーやディズニーのCGアニメが圧倒している現状がある。そして今回、そのCGアニメというジャンルで宮崎が短編アニメに挑む。巨匠の現在が垣間見える、必見の映像となりそうだ。

「終わらない人 宮崎駿(仮)」
放送日: 2016年11月13日(日)21:00〜21:49