劇場アニメの金字塔として名高い『ルパン三世 カリオストロの城』が、MX4Dとして劇場公開されることがわかった。2017年1月からTOHOシネマズ新宿をはじめ、全国の映画館で公開予定だ。

1979年に公開され、現在にいたるまで名作としてアニメファンに高い人気を誇る『ルパン三世 カリオストロの城』。日本アニメ界の名匠・宮崎駿の初監督作品としても知られる。1971年より『ルパン三世』のアニメを手がけてきたトムス・エンタテインメントは、日本初となったテレビアニメのステレオ音声化をはじめ、「ルパン」を通じて先鋭的な試みを続けてきた。「カリオストロの城」MX4D版の制作もその流れのひとつと言える。

シートの動き・振動、風やミストなど五感を使って楽しむMX4Dの魅力を引き出すことができ、誰もが楽しめる長編映画として今回「カリオストロの城」が選ばれた。多くの映画人にも影響を与えたとされるカーアクションをはじめ、宮崎駿の極限まで「動き」にこだわったシーンの数々をMX4Dで楽しめることに、アニメ・映画ファンの期待も高まりそうだ。

今回のMX4D版のベースとなっているのは、2014年に公開されたリマスター版だ。今回は、そのリマスター版をさらにリファイン。最新技術と丁寧な手作業により、フィルムに映り込んだよごれやゴミを取り除き、音もノイズを除去して5.1ch化している。3D化はされていないものの、ハイクオリティな映像と音響をさらに楽しめるよう、MX4Dならではの特殊効果が徹底的に加えられている。

あと3年で公開から40年を迎える「カリオストロの城」。語り継がれ、今なお新たなファンを生み出し続ける作品が、また新たなしるしをアニメ史に刻むことになるだろう。

『ルパン三世 カリオストロの城』
原作:モンキー・パンチ (C)TMS