1990年代末に人気を博したTVアニメ『まもって守護月天』が来年、ファン待望のBlu-rayBOXとして発売される。発売日は、2017年5月10日(水)で、価格は25,000円となっている。本作がパッケージ化されるのは、1999年のLD(レーザーディスク)発売以来、18年ぶりとなる。

『まもって守護月天』は、桜野みねねによる同名のラブコメディ漫画を原作としたTVアニメ。1998年10月から翌99年4月にかけて、テレビ朝日系にて全22話が放送された。主人公の七梨太助(しちりたすけ)と守り神である「守護月天(しゅごげってん)」シャオリンをはじめとする美少女たちのにぎやかな日常を描き、多くのファンを生んだ。

主人公の七梨太助は一人暮らしでさびしい毎日を送っている中学生だったが、中国の父親から届いたプレゼントをきっかけにその日常は一変する。送られてきたものは「支天輪(してんりん)」という、心のきれいな人がのぞくと天の守りを授かる伝説がある不思議なわっかだった。ためしに太助がのぞいてみると、中から現れたのはひとりの美少女。少女は心がきれいな人の守り神「守護月天シャオリン」。世間知らずなシャオリンに振り回されっぱなしの毎日を送ることになった太助だが、次第にその純粋さに心を惹かれていく……。

『まもって守護月天』は1999年にアニメ、2000年に原作漫画がいったん終了したものの、ファンの声援に後押しされて、OVA化、続編の連載などが行われた。現在もマッグガーデンのコミック無料公開サイト「MAGCOMI」にて、新章『まもって守護月天! 解封の章』が連載されており、先日単行本1巻も発売された。

今回発売となる往年のファンにはたまらないプレミアムなBOX。初回限定生産なので、手に入れたい人は予約をするのがベストだ。