円谷プロダクションは「ウルトラ」シリーズの原型を築いた脚本家・金城哲夫の功績を讃え、新たな作品を次世代に生み出すために「円谷プロダクション クリエイティブアワード 金城哲夫賞」を創設した。11月3日には第29回 東京国際映画祭との共催・提携企画としてダイジェスト上映とトークセッションが行われる。会場はTOHOシネマズ 六本木ヒルズとなる。

「ウルトラマンシリーズ放送開始50年 特別企画:脚本家・金城哲夫」では、金城哲夫の脚本作品をまとめた約20分のダイジェスト映像が上映される。『ウルトラQ』第3話「宇宙からの贈りもの」や『ウルトラマン』第39話「さらばウルトラマン」などの代表作を、劇場のスクリーンで堪能できる。
トークセッションでは「金城哲夫賞」の審査員から、映画監督の大友啓史、脚本家・映画監督の高橋洋、小説家の田中芳樹、劇作家・脚本家の中島かずきが登壇。編集者・映画評論家の清水節を交えて、「ウルトラを超える作品とは?!」をテーマに、映像文化にさらなる発展をもたらす新しい才能や、世界に通用する創造力について解き明かしていく。

チケットは東京国際映画祭の公式サイトにて発売中。価格は一般1800円、学生1500円、学生当日券は500円となっている。前売で完売した場合、当日券は販売されないため注意が必要だ。
なお「金城哲夫賞」ではテレビドラマ(30分・13話程度を想定)の企画書と第1話の脚本の応募を受け付けている。期間は11月30日まで。賞金は大賞が100万円、佳作は10万円で、結果は2017年2月26日に発表される。