2016年8月26日から公開が始まり、興行収入の記録を打ち立てるニュースが度々飛び込んでくる新海誠監督作品『君の名は。』が、10月16日までに興行収入154億円を達成したことが明らかになった。また同時期までの観客動員数は1184万人に達している。

本作は公開3日間で観客動員95万人、興行収入12億円という記録を打ち立てると、ぴあ映画初日満足度調査でもランキング1位を獲得。瞬く間に人気は全国へと広がり、連日さまざまなメディアで報道され、社会現象とまで言われるようになった。
今回の興行収入のニュースからも分かる通り、公開から約2ヶ月が経過した今も勢いはまったく衰えていない。週末映画ランキングでV8を達成するなど、驚異的なヒットが続いている。

10月9日には釜山国際映画祭のガラ・プレゼンテーション部門に正式出品されたばかりだが、今後も全世界での公開が決定している。台湾の10月21日公開を皮切りに、香港では11月17日公開、イギリスでは11月24日公開、韓国では1月に公開予定。すでにBFIロンドン映画祭では長編アニメーション映画として史上初となる公式コンペ「Official Competition」へのノミネートを達成。またスペインで行われた第49回シッチェス・カタロニア国際映画祭ではアニメーション部門の最優秀長編作品賞を獲得。早くも世界的な評価を築き始めている。

日本国内でも最終的にどこまで記録を伸ばすかに注目が集まる。スタジオジブリ作品以外では初めて100億を突破したアニメ作品として話題になったが、今度はどんなニュースで驚かせてくれるのか、引き続き注目したい。

『君の名は。』
(C) 2016「君の名は。」製作委員会