12月23日(金・祝)より公開される、東映アニメーションのオリジナル劇場アニメ『ポッピンQ』。このたび、本作のヒロインの1人・伊純の家族を担当するキャストとして、ゲスト声優の島崎和歌子ほか、小野大輔、羽佐間道夫ら3名の出演が明かされた。島崎は声優初挑戦となる。

東映アニメーション60周年記念作品となる『ポッピンQ』は、5人の少女による「ガール・ミーツ・ガール」の青春ストーリー。瀬戸麻沙美が演じる小湊伊純は、高知県出身というのが大きな特徴となっている。その伊純の母親役ということで、高知県の方言である土佐弁を話せるキャストを探していたところ、同県出身で観光大使を務める島崎に白羽の矢が立ったという。

多方面で活躍する島崎だが、声優は初挑戦。この大抜擢には「この歳になって、初めてのことにチャレンジさせていただけるとは思っていなかった」と語る。「母親役ということで、お話がきまった後に、地元の母親や友人に電話しました」という島崎は、「東京にいると方言のニュアンスを忘れてしまうので、思い出す意味で、というのと母親にはなったことがないので、“お母さん”ってどんな感じなんだろうと思って、友人が子供たちを叱っている様子を見たり、自分の母親が私にどんな風に接してくれたかな、と思い出したりしてました」という役作りについて明かしつつ、「地元の高知の言葉を話すことができて、誇らしいのですが、皆さんもこの映画を見て、ふるさとを思い出していただけると嬉しいな、と思います」とコメントした。

そして、伊純の父親・俊平を演じた小野も高知県の出身。「高知県民として、島崎さんとの共演は本当に光栄なことです。まっこと嬉しいちや!」という小野は、「ネイティブな土佐弁による夫婦の会話がナチュラルに作品と調和できるように、この作品のもつ温かさを表現できるように」心がけたという。
さらに、ベテランの羽佐間が伊純の祖父・元治役として出演。長年漁師として生き、伊純が唯一心を許し本音を打ち明ける事が出来るという存在に命を吹き込んだ。

瀬戸にも土佐弁のアドバイスをしたという島崎ほか、小野・羽佐間の両実力派声優によって土佐の風がもたらされた本作。ヒロインの魅力的なバックグランドも見どころとなりそうだ。

『ポッピンQ』
2016年12月23日(金・祝)全国ロードショー

(C)東映アニメーション/「ポッピンQ」Partners 2016