『ONE PIECE』の常設アトラクションテーマパーク「東京ワンピースタワー」で、シーズンイベント「WINTER ONE PIECE 2016−2017」が開催される。“この冬を、宝物にしよう!”と銘打ち、リアル宝探しや、冬に咲く奇跡の桜をモチーフにした国内最大級のスノードームが登場する。

「東京ワンピースタワー」は、2015年3月、東京タワーのフットタウン内にオープンした。原作が「週刊少年ジャンプ」で連載中のアニメ『ONE PIECE』史上初の大型テーマパークだ。『ONE PIECE』の世界観を体感できるアトラクションやライブショー、レストラン、そしてオリジナルグッズが買えるショップなど、その魅力があますことなく詰め込まれている。

2016〜2017年の冬季限定イベントでは、メインイルミネーションに『ONE PIECE』の作品に登場する「冬に咲く奇跡の桜」をモチーフにした直径約6mの国内最大級のスノードームが作られるという。「WINTER ONE PIECE 2016-2017 」のキービジュアルは、このイルミネーションをイメージしたオリジナルビジュアルとなっている。桜色に染まるイルミネーションの煌きと、ドーム内に映し出される名シーンやドーム内で雪が舞う演出を、東京タワーの輝きとともに楽しめる。
また、期間限定の宝探しイベント『TREASURE HUNTING トンガリ島の大冒険』も開催される。東京ワンピースタワーと東京タワーを舞台に繰り広げられるこのイベントは、11月1日(火)から初級コース「トンガリ島の幻の珍獣を探せ!」がスタート。”麦わらの一味”のルフィ、ウソップ、チョッパーの3名が見つけた古文書に書かれた謎を解読し、幻の珍獣”トンガリトン”の巣を見つけ出す体験型の宝探しイベントだ。さらに、謎の解読が難解な上級コースは2017年1月1日(日)より実施される予定で、「リアル宝探し」初心者から常連さんまで幅広く楽しめる内容となっている。
他にも、人気キャラクター”ベポ”がパーク内のトンガリステージに登場したり、コラボプリ機もウィンターver.が設置され、ショップでは冬限定グッズも販売されるとのこと。

寒い冬に、屋内型テーマパーク「東京ワンピースタワー」での熱いイベントが、盛りだくさんとなっている。ぜひとも「宝物」を手に入れてみてほしい。


■「東京ワンピースタワー」概要
【所在地】
東京都港区芝公園4丁目2-8 東京タワーフットタウン内

【営業時間】
10時〜22時(最終入園は21時)

【パスポート料金】
◆当日券
大人(19歳以上)3,200円
中人(中学生・高校生)2,700円
小人 (幼児・小学生) 1,600円

◆前売券
大人(19歳以上)3,000円
中人(中学生・高校生)2,600円
小人 (幼児・小学生) 1,500円

※9月17日〜10月31日の期間中60歳以上のお客様は無料
※3歳以下入場無料(要保護者同伴)
※価格はすべて税込
※前売券はセブン-イレブンとT-TICKETで販売中
※旅行商品は、エースJTB取扱店で販売中


(C)尾田栄一郎/集英社・フジテレビ・東映アニメーション
(C)Amusequest Tokyo Tower LLP