赤塚不二夫の少女マンガ『ひみつのアッコちゃん』が現代コメディとして生まれ変わることになった。マンガ最新作『ひみつのアッコちゃんμ(ミュー)』は女性向けマンガWEBサイト「スピネル」にて10月21日に連載がスタートする。

『ひみつのアッコちゃん』は1962年に少女マンガ誌「りぼん」で連載がスタート。魔法のコンパクトをもらった主人公・アッコが何でも好きなものに変身するファンタジーコメディとして人気を博した。
魔法少女モノの金字塔として知られており、1969年、88年、98年と3度にわたってテレビアニメが放送された。2012年には実写映画版も公開され、幅広い世代に親しまれている名作である。

最新作『ひみつのアッコちゃんμ』のシナリオは「週刊少年ジャンプ」の読者コーナー「ハガキ戦士ジャンプ団」の構成を務め、マンガ『デジモンアドベンチャーVテイマー01』などを手がけた井沢ひろしが担当。初めて買ったマンガは『天才バカボン』だという赤塚世代のシナリオライターが作品を手がけることになった。
マンガは上北ふたごが担当。「プリキュア」シリーズのマンガを長年手がけており、アニメ「タイムボカン」シリーズでもキャラクターデザインを務めた人気マンガ家の新連載に要注目だ。第1話は10月21日に配信。以降毎月1回、第3金曜日に無料配信される。

赤塚不二夫作品は近年リメイクが相次いでいる。生誕80周年を迎えた2015年には『おそ松くん』の新作テレビアニメ『おそ松さん』が放送され、従来の赤塚ファン以外も巻き込んで大きな注目を集めた。現代に生まれ変わった『ひみつのアッコちゃん』がどのような展開を見せるのか。ファンの期待も膨らんでいく。

『ひみつのアッコちゃんμ(ミュー)』
2016年10月21日より、ホーム社マンガWEBサイト「スピネル」にて連載開始