2017年のTV放送が告知されているアニメ『捏造トラップ-NTR-』が、新たにメインキャラクターの女子高生2名の女性キャストを発表した。岡崎由真役に加隈亜衣、水科蛍役に五十嵐裕美がそれぞれ起用されている。

『捏造トラップ-NTR-』の原作は、コダマナオコが一迅社「コミック百合姫」に連載中の同名百合マンガだ。生まれて初めて彼氏ができた女子高生・由真と、彼女の幼なじみで男子にモテる美少女・蛍という幼馴染の二人が紡ぐ、“カレシに言えない秘密”が描かれていく。

このたび岡崎由真役での出演が報じられた加隈亜衣は、『甘城ブリリアントパーク』の千斗いすず役や『学戦都市アスタリスク』シリーズのユリス=アレクシア・フォン・リースフェルト役、『ブレイブウィッチーズ』の雁淵ひかり役などで著名な声優だ。キスされたり身体を触られたりと蛍に翻弄されることで、だんだんとその関係にハマっていく由真をどのように演じていくのだろうか。ファン注目の演技となりそうだ。
そして水科蛍に配役された五十嵐裕美は、『アイドルマスター シンデレラガールズ』の双葉杏役ほか『パパのいうことを聞きなさい!』の小鳥遊ひな役、『奇異太郎少年の妖怪絵日記』の奇異太郎役などで知られている。ウブな由真をからかい、その関係をエスカレートさせていくというキャラクターをどのように表現するのか。こちらも期待が高まる。

小野大輔が演じる蛍の彼氏・藤原と、逢坂良太が演じる由真の彼氏・武田を含めて、今回の発表で主要人物のキャスト陣4人が明らかになった『捏造トラップ-NTR-』。1月18日に発売を控える「コミック百合姫」2017年3月号でさらなる新発表はあるのか、ますます視線を集めそうだ。

『捏造トラップ-NTR-』
2017年放送

(C)コダマナオコ/一迅社・捏造トラップ製作委員会
(C)コダマナオコ/一迅社