2017年2月25日の公開が迫る『宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち』に向けて、前作『宇宙戦艦ヤマト2199』の魅力を解説する特別番組「氷川竜介・内田彩のヤマトリビアの沼」が、1月13日配信の第7回で最終回を迎える。トリを飾るテーマは「心を震わせる音楽と効果音」だ。

11月25日より年末年始をのぞく毎週金曜日に配信されてきた「ヤマトリビアの沼」は、アニメ・特撮研究家の氷川竜介と岬百合亜役の声優・内田彩がテーマに沿って『ヤマト』を語る番組だ。スペシャルゲストとして『2202』監督の羽原信義も参加しており、毎回ディープなやり取りが繰り広げられている。

最終回となる第7回では、「心を震わせる音楽と効果音」がテーマに掲げられた。『ヤマト』の音楽と効果音の凄さや、『ヤマト』が一つのきっかけとなって今のアニメの音が充実しているといった持論を、氷川と羽原が子供の頃を振り返りながら語っている。一方の内田は、継承され発展していく壮大さを持つ『ヤマト』の音楽について、母親とともにヤマト音楽楽団のオーケストラに行ったエピソードを交えながら解説を行う。『ヤマト』ファンだけでなく、アニメの音楽に興味のあるファンも必見といえそうだ。



「氷川竜介・内田彩のヤマトリビアの沼」配信スケジュール
第1回〜第6回: 配信中
第7回: 2017年1月13日(金) 心を震わせる音楽と効果音

『宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち』第一章
2017年2月25日(土)より、全国15館にて2週間限定劇場上映
劇場にて特別限定版Blu-ray先行発売
シリーズ全七章劇場上映決定

(C)西崎義展/宇宙戦艦ヤマト 2202 製作委員会