『映画ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険』は3月4日に全国公開を迎える。このたび、ドラえもんとのび太が南極の上陸に成功した。日本から約1万4000km離れた極寒の地でペンギンたちと写真撮影を行った。

「映画ドラえもん」シリーズ第37作目の本作は南極が舞台となることから、ドラえもんとのび太が南極上陸にチャレンジした。まずは12月26日にアルゼンチンを訪れて、日本大使館主催のイベントで現地の人々にご挨拶。外務省からアニメ文化大使を任されている二人はパオパオダンスを披露。アルゼンチンでは2016年までアニメが放送されており、子供たちも一緒に踊り出すなど人気を集めていた。
12月28日には世界最南端の都市・ウシュアイアから南極へ出発。2017年の初日の出を太陽の沈まない海上で迎えたドラえもんたちは、ペンギンたちと記念撮影を楽しみながら、1月9日に南極上陸を果たした。

南極では子供たちから寄せられた様々な疑問を解くため奔走。「ペンギンは走るのと滑るの、どっちが速い?」「南極に人は住んでる?」といった質問を解決していく。さらにドローンなど最新技術を使って極寒の地を撮影も敢行。その模様は「南極大冒険クイズ」としてテレビアニメと共に1月27日からオンエアされる予定だ。
さらにスペシャル応援隊「南極カチコチ隊」の織田信成と浅田舞からの応援コメントも公開された。織田は「僕もどこでもドアで南極に行ってみたいです! 宣伝よろしくお願いします! 南極のお土産も待ってます!(笑)」、浅田は「ドラちゃんとのび太くんが無事に辿り着けるよう祈っています! 南極のお話を楽しみにしていますね!」と二人の大冒険に熱いエールを贈っている。

『映画ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険』
2017年3月4日全国ロードショー

(c)藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK 2017