任天堂は13日、新型家庭用ゲーム機「ニンテンドースイッチ」を3月3日に日本、米国、欧州の主要国などで発売すると発表した。価格は2万9980円(税別)で、米国では299・99ドルにする。

 本体は小型画面を備え、持ち運んで遊べる。テレビなどにつながった専用のスタンド(ドック)に置くと、高性能の据え置き型ゲーム機になる。

 任天堂が本格的な新型ゲーム機を発売するのは、2012年の据え置き型ゲーム機「Wii U(ウィーユー)」以来。人気シリーズ「ゼルダの伝説」の最新作が対応するほか、その後もスーパーマリオなど人気シリーズの新作を順次投入する見通しだ。

 ゲームソフトに光ディスクを使っていたWii Uなどとは違い、新型のカートリッジを採用。過去のソフトはそのままスイッチでは使えない。

 任天堂はWii Uの累計販売台数が、前の機種の2割にも届かないという不振などに見舞われ、売上高が7年連続で前年割れする苦境が続く。スイッチで流れを変えられるのか、試されることになる。(西村宏治)