沖縄本島沖に米軍の攻撃機ハリアーが墜落した事故を受け、沖縄県の安慶田(あげだ)光男副知事は23日午前、国に対し、原因が究明されるまで同機種を飛行中止とすることや安全管理を徹底することなどを米軍に求めるよう要請した。午後には在沖米軍にも直接抗議する。

 川田司・外務省沖縄担当大使と中嶋浩一郎・沖縄防衛局長が県庁を訪問。安慶田副知事は昨年8月に同県うるま市沖で米軍ヘリコプターが着艦に失敗した事故にも触れ、「現在の再発防止策や安全管理が十分とは言いがたく、怒りを禁じ得ない」とする翁長雄志(おながたけし)知事の抗議文を読み上げた。そのうえで「知事も怒りを込めていた。この気持ちを本土に伝え、県民の不安を早く取り除いてほしい」と基地負担の軽減も求めた。

 川田大使は「政府としても強く遺憾に思っている。再発防止、原因究明を要請しており、二度と起こらないようにしたい」と答えた。(吉田拓史)