NHKの籾井勝人会長(73)が、理事ら幹部が出席する20日の会議で「来春からの受信料値下げが可能かどうか検討してほしい」と指示していたことがわかった。今後、理事らを中心に値下げの時期や下げ幅などについて検討を進める。

 関係者によると、籾井氏の指示に対して一部の理事は「3%(月額約40円)程度なら可能」とする一方、「収支の先行きが不透明」「来春の実施は時間的に無理」など反対意見も多く出た。籾井氏は「来秋や再来年春では可能かも考えてほしい」などと、検討を強く求めたという。

 NHKは8月、2020年に着工、36年までに完成予定の東京・渋谷の放送センター建て替えの建設費が約1700億円になると発表。11年から始めた建設費の積立金が今年3月末で1627億円に達したほか、受信契約の伸びで14、15年度は2年連続で受信料収入が過去最高になった。