政治団体「日本歯科医師連盟」(日歯連)による迂回(うかい)寄付事件で、いずれも同連盟の元会長で、政治資金規正法違反(虚偽記載など)の罪に問われた高木幹正(72)、堤直文(74)の両被告と法人としての日歯連の初公判が13日、東京地裁であった。いずれも無罪を主張し、「会計責任者に任せていて、違法とは思っていなかった」などと述べた。

 起訴状によると、高木被告は会長だった2013年の参院選前、支援していた石井みどり参院議員(自民)の後援会に、同法が定める量的制限(年間5千万円)を超える計9500万円を寄付。うち5千万円を、日歯連が支援していた西村正美元参院議員の後援会を経由したように偽り、政治資金収支報告書に記載したとされる。堤被告は会長だった10年の参院選前に、当選した西村氏の後援会への5千万円の寄付を、民主党(当時)支部を経由したように装って記載したとされる。

 検察側は冒頭陳述で、会計担当で元副理事長の村田憙信(よしのぶ)被告(72)=同罪で公判中=が、会議などで量的制限の規定に触れながら迂回寄付を説明し、両被告が了承したと指摘した。(久保田一道、伊藤和行)