愛知県警は、名古屋市港区の駐車場で、ひき逃げをしたとみられる軽乗用車を見つけたが、車の移動手続きをしている間にいったん盗まれた、と12日発表した。港署員がトイレのために現場を離れていたという。車は再び見つかった。県警は容疑者が車に乗って逃げた可能性があるとみて、窃盗事件として調べている。

 港署によると、11日午後6時10分ごろ、名古屋市港区川西通2丁目の県道交差点で、軽乗用車と同市天白区の会社員男性(24)の原付きバイクが衝突。男性は右足にけがをしたが、軽乗用車はそのまま走り去った。署はひき逃げ事件として捜査していた。

 事故の約50分後、署員が約300メートル離れた駐車場で軽乗用車を発見し、目撃情報などからひき逃げ容疑者の車と判断した。レッカー車を手配し、署員が監視していたが、12日午後6時ごろ、署員がトイレのために現場を離れた約10分の間に車がなくなったという。軽乗用車は13日午前0時45分ごろ、港区内で見つかった。

 港署の鈴木敏副署長は朝日新聞の取材に「このようなことがないよう指導を徹底します」と話した。