13日午前10時10分ごろ、東京都世田谷区南烏山5丁目のマンションの一室で、女性から「自分で自分の赤ちゃんをお風呂につけた」と110番通報があった。警視庁成城署員が駆けつけたところ、風呂の浴槽の中で生後3カ月の鈴木優佳ちゃんが沈んでいるのが見つかり、搬送先の病院で死亡が確認された。

 署は、室内に1人でいた母親で無職鈴木由美子容疑者(38)を殺人未遂の疑いで緊急逮捕した。容疑を殺人に切り替えて調べている。鈴木容疑者は、容疑を認め「お風呂に沈めれば泣きやむと思った。数年前から精神的に不安定だった」などと話したという。由美子容疑者は夫と3人家族。これまで、同容疑者から署への相談はなかったという。現場は京王線千歳烏山駅から南に約250メートルの住宅街。