福岡県筑後市のリサイクル店経営の夫婦が従業員ら3人への傷害致死などの罪に問われた事件で、夫の中尾伸也被告(50)の控訴審の第1回公判が13日、福岡高裁(山口雅高裁判長)であった。一審・福岡地裁判決は懲役28年だったが、検察側、弁護側双方が原判決の破棄を求めた。

 検察側は、一審判決が殺人罪を認定せず傷害致死罪とした点について「(死ぬかもしれないという)未必的な殺意があった」と主張。一方弁護側は、一部の事件では妻知佐被告(48)=一審で懲役30年、控訴中=との共謀はなかったなどと主張した。

 一審判決によると、伸也被告は知佐被告と共謀。2004年6月、店の従業員日高崇さん(当時22)の顔を殴るなどの暴行を繰り返し、死亡させた。また06年10月、義弟の冷水(ひやみず)一也さん(当時34)とその息子大斗ちゃん(当時4)に繰り返し暴行し死亡させた。(張守男)