コインランドリーで女性の下着を盗んだとして、福岡県警は13日、福岡市中央区の会社員の男(26)を窃盗の疑いで逮捕し、発表した。「女性下着が好きだった」と容疑を認めているという。

 同居の母親が、男の部屋から約400点の女性用下着を見つけて県警に提出。周辺のコインランドリーでは下着が盗まれる被害が相次いでおり、県警は関連を調べる。

 中央署によると、男は昨年12月13日午前1時半ごろ、福岡市中央区春吉2丁目のコインランドリー店で、同区に住む女性(26)の下着4点(計2万円相当)を乾燥機から盗んだ疑いがある。

 同店では昨年10月ごろから下着が盗まれる被害が頻発。被害を受け警察が設置した防犯カメラに、今回の下着を盗む男の姿が映っていた。

 1月2日、特徴の似た男が同店に現れ、張り込み中の捜査員が職務質問。男は関与を認め、自宅にあった数十枚の女性下着を任意で提出した。さらに翌日、母親が「息子の部屋にあった」と約400点の女性下着を署に提出し、その中に今回の下着があったという。(大野択生)