創業から90年あまり親しまれてきたパン・菓子製造販売業の「木村屋」(福岡県久留米市)が月内で事業を終え、直営店舗を閉鎖する。萩尾広社長は大手との競合や原材料高騰などを挙げ、「経営環境が激変し、我が社の規模で事業を続けるのは難しいと判断した」と説明している。

 木村屋によると、1926(大正15)年、日本で最初にあんパンをつくった木村屋総本店(東京)からのれん分けして創業。昭和初期発売のメロンパン「まるあじ」や、ハムと野菜サラダをはさんだ「ホットドッグ」などの看板商品が長く親しまれた。

 久留米市には本社工場と直売店の「キムラヤ」が5店、福岡県筑紫野市と佐賀県鳥栖市に各1店ある。店舗が今月閉鎖した後、パン製造のフランソア(福岡県新宮町)が工場の事業譲渡を受け、自社工場として稼働させる。従業員についてフランソアは「最優先で雇用したい」とし、看板商品の一部の製造を続けられるか検討するという。(市川雄輝)