野党の民進、共産、社民、生活の4党党首らが23日午前、国会内で会談し、10月の衆院2補選と次期衆院選で「できる限りの協力を行う」ことで一致した。26日召集の臨時国会で共闘することも確認した。

 民進の代表に就任した蓮舫氏、共産の志位和夫委員長、生活の小沢一郎代表、社民の又市征治幹事長が出席した。

 蓮舫氏は会談で、岡田克也前代表ら4党首による「衆院選についてできる限りの協力を行う」との合意について、「きちんと踏襲する」と述べた。臨時国会については「提案型とさせていただく。協力をお願いする」と語った。志位氏は「次の総選挙での協力を進めるため、真剣な協議を開始しよう」と呼びかけた。

 党首会談後、4党の幹事長、書記局長も会談。民進の野田佳彦幹事長は共産を念頭に「綱領や基本的な理念が違う政党と一緒に政権を目指すことはできない」と述べた。補選の共闘については「可及的速やかにやらなければいけない」と語った。