西川一誠福井県知事は23日、経済産業省で世耕弘成経産相と会談し、政府が検討している高速増殖原型炉「もんじゅ」(福井県)の廃炉について「地元にまったく説明がなく、無責任極まりない。県民の感情として国の一種の裏切りと言われても仕方ない状況だ」と不快感を示した。

 もんじゅに代わる高速炉開発については「外国まかせにすると人材や情報は外国に行き、日本には何も残らない」と述べ、日仏共同研究を軸に考えている経産省の方針を牽制(けんせい)した。

 また、同席した松井拓夫福井県議会議長は「地域経済や雇用の安定などに対策を講じること」などを求めた県議会の意見書について説明した。

 世耕経産相は「厳しい言葉を頂いた。重く受け止めたい」と強調。政府が最終方針を決める年末には「説明責任をしっかり果たしたい」とした。