安倍晋三首相は22日、日本の首相として初めてキューバを訪れ、ラウル・カストロ国家評議会議長(85)、兄のフィデル・カストロ前議長(90)とそれぞれ会談した。

 安倍氏を自宅に招いたフィデル氏は、「自宅は日本庭園」と、親日家ぶりを披露。偶然にも、フィデル氏の日本庭園を造ったのは、安倍氏の自宅の庭園を造ったのと同じ日本の造園会社だったという。

 さらにフィデル氏の息子が、和服で日本で結婚式を挙げた時の写真も、安倍氏に見せたという。

 その後のラウル氏との会談では、日本による医療分野への無償資金協力や投資拡大などで合意したほか、安倍氏は北朝鮮問題への協力をキューバに要請した。(ハバナ=平山亜理)