2020年東京五輪・パラリンピックのゴルフ競技会場について、小池百合子・東京都知事は13日、この会場が正会員を男性としていることに「違和感を感じる」と述べた。ただ、会場変更は「今の段階では厳しい」とし、対応を大会組織委員会に委ねた。

 会場は1929年開場の霞ケ関カンツリー倶楽部(埼玉県川越市)。倶楽部によると、正会員を男性とする規定がある。他の区分には女性会員がいる。小池氏は13日の定例記者会見で「21世紀の時代に女性が正会員になれないというのは非常に違和感を感じる。五輪会場となって倶楽部のプレステージ(名声)が上がるだろう。女性会員をお認めになるべきだ」と述べた。

 小池氏の指摘について同倶楽部は同日、取材に対し「対応する担当者が不在」としてコメントしなかった。同倶楽部での競技開催については、組織委の森喜朗会長が今月、東京都心からの遠さなどを理由に疑問視する発言をしたが、組織委事務総長が否定した経緯もあった。(末崎毅)