(23日、大相撲秋場所13日目)

 遠藤が何とか優勝の可能性を残した。相手は松鳳山。「呼吸が合わなかった」と、立ち合いで圧倒され土俵際に。観客から悲鳴が聞こえた瞬間、遠藤は右にひらり。勢い余った相手の背中を押して、俵を割らせた。あと一つ勝てば幕内では自己最多を更新する12勝。「あと2日、集中するだけ」。優勝争いより、目の前の目標を見据えた。